頭皮の臭い対策におすすめな美容液!

頭皮が臭い原因は?

読了までの目安時間:約 3分

 

頭皮は本来適切な量の「皮脂」という薄い油の膜で覆われています。しかし、念入りにシャンプーし過ぎたりさまざまな要因で皮脂が少なくなってしまう場合があります。

yjimage(10)
そのため、頭皮をゴミやほこりなどから守ることができなくなってしまうのです。紫外線が直接頭皮に影響したり干からびてしまうといったような環境になります。
水分が少なくなってくることで、頭皮は傷つきやすくなってしまいます。そのためフケやかゆみ、炎症などさまざまなトラブルに見舞われることが多いです。
逆に頭皮のダメージを軽減しようと思ってみても、皮脂が大量に分泌されてしまうこともあります。頭皮ガベタベタとなってしまって悪循環になってしまいます。
頭皮がダメージを受けることで臭くなってしまう原因、それはシャンプーのしすぎやドライヤーなどのかけ過ぎによるものが主な原因だといわれています。シャンプーをしすぎることで皮脂が全部洗い流されてしまいますので、身体は一生懸命頭皮を守るために過剰に皮脂を分泌してしまうのも原因です。夕方には皮脂が多くなりすぎて臭いが発生してきます。
頭皮が臭くなってくる原因としては以上のようなものが考えられます。

【頭皮の異常事態?】

皮脂が異常に分泌され続けることで、頭皮には2つの異常事態が待ち受けています。

それは、

①皮脂の酸化によるノネオールが大量発生してしまう

②皮脂腺が肥大してしまうのが原因

ノネナールは皮脂に含まれている脂肪酸が菌によって分解され、発生するにおい物質のことです。
わかりやすく言うとそれは「加齢臭」のことで、最近は20代前半や30代の若い女性でも「加齢臭」は増えてきています。
若い女性は通常は新陳代謝が活発で頭皮があまり臭うことはありません。しかし、皮脂が大量に分泌しすぎると臭いをまき散らす原因にもなります。
また、皮脂が大量に分泌され続けることで、皮脂腺は大きく肥大してきてしまいます。一度肥大してしまうと、皮脂はだだ漏れ状態で皮脂量もコントロールできなくなります。皮脂腺をもとの大きさに戻すには、皮脂量を少しづつコントロールしていくしかないのです。

頭皮の臭いを予防するためには、日頃から頭皮のケアに気をつけなければいけません。例えばシャンプーは軽く洗い流す程度にしてゴリゴリと洗う必要はありません。また、洗う場合も頭皮を中心に洗うのではなく、髪の毛を中心に洗うようにすると頭皮も傷みません。
あくまでも頭皮は軽く洗うことと髪の毛についた汚れやニオイをとるためのシャンプーをするということが大切になってきます。
シャンプーの回数としても一日に1回入浴のときにして、それ以上のシャンプーは皮脂は皮脂が余分に洗い流されてしまう可能性があります。

フケの原因はさまざまです

読了までの目安時間:約 3分

 

フケの原因はさまざまです。解明するのもわからないこともあって、フケの対処法としても考えていくことが必要です。決して不衛生にしているばかりでもないのですが、見る方には不潔な印象を与えてしまうことが多いです。でも、フケを出さないようにするにはいったいどうしたらいいのでしょうか?

 

yjimageSKXSCEKA

フケと同時にかゆみが出ている場合があります。かゆみがある場合には、かゆみの程度では皮膚科に診てもらうことが大切です。
なぜなら、感染症にかかっている場合も考えられるし、薬でしか治らない症状もあります。かゆみが酷い場合にはむやみにセルフケアをしないことが大切です。

また、かゆみの対策としてかゆみがでたら爪を立てて掻いてみたり、ブラシやとがったもので頭皮を傷つけてしまわないようにすることが大切です。
かゆみがある場合、指の腹などで軽くマッサージするようにします。マッサージすることで血行がよくなって新陳代謝が促されてきます。
新陳代謝をよくすることで、頭皮のターンオーバーも促進されて健康な頭皮になってきます。

フケが出るようになってしまったら、毎日のシャンプーを
見直してみるようにしましょう。フケの原因としてターンオーバーがうまく出来ていないと考えられています。あるいは、シャンプーをしすぎていないかを注意してみましょう。シャンプーしすぎると余計な皮脂まで洗い流している可能性があります。シャンプーは2日に1回だけでも十分です。
そして、重要なことではシャンプーが自分の頭皮に合っていない場合があります。刺激の少ないアミノ酸シャンプーを使うのもおすすめです。
また、刺激のある爪などを立てて洗う方法でシャンプーしている場合は改善してみます。

フケが出ている場合、パーマやヘアカラーなどは影響がないか考えてみます。ヘアスプレーやトリートメントなどもフケが出る要因となっているかもしれません。そのように疑わしいときには、そのシャンプーやトリートメント剤を使用するのを中止してみるとよいでしょう。

もし、シャンプーやトリートメントなどヘアケア製品をとめてみても改善が見られない場合、内的要因が関係しています。日常的にもも睡眠が足りているか、食生活が乱れてはいないか、など生活面から見直していくことが必要になってきます。

頭皮のかゆみの悩みは誰でも経験したことが

読了までの目安時間:約 4分

 

頭皮のかゆみの悩みは誰でも経験したことがあるかもしれません。頭皮は常に外の刺激には敏感になっている場合が多いのです。

yjimage(4)
毎日シャンプーはしていても、頭皮を触ると何か小さい発疹がある場合があります。これらは頭皮湿疹と呼んでいてかゆみをともなっています。
頭皮湿疹とは頭皮の皮膚の病気で、本人は気がついてない場合が多いです。ストレスの多い時代になって頭皮湿疹では悩む人も多くなっています。

頭皮湿疹は頭皮のかゆみのほかに現れる症状があります。

それは

①小さい湿疹ができる
②頭皮が赤く炎症を起こす
③吹き出物やニキビができる
④皮膚の乾燥がひどい
⑤フケがとまらない
⑥アレルギー性の症状
⑦脂っぽくすぐに髪がべたついてくる

以上のような症状が現れます。このような症状を放置しておくと、雑菌が繁殖してきたり、皮脂と皮膚のバリア機能が弱まる場合があります。そのため毛根が萎縮して抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

頭皮湿疹の症状にはいくつかあります。その原因は3つあって
接触性皮膚炎だった場合
①接触性皮膚炎で頭皮に小さな湿疹や炎症を起こしている場合です。原因としては科学物質に触れることでアレルギーを起こしていることです。

②シャンプーのすすぎ残しやトリートメントのすすぎが足りないで頭皮に付着したままの場合など日頃のシャンプーケアによるものです。

③シャンプーで皮脂が詰まったり、洗いすぎて皮脂分泌が盛んになりすぎているのが原因、普段の食生活やストレスも起因しています。

脂漏性湿疹の場合は頭皮だけではなく顔にもできる皮膚炎です。特徴としては髪の生えきわにできてベタつきなどを感じます。同時に炎症とフケが発生する症状です。
または、頭皮だけでなく皮脂の分泌の盛んな鼻の周辺や口の周りにも起きてくる場合があります。

脂漏性湿疹はマラセチアという真菌(カビ)が増殖するときによる分泌物により炎症を起こすと考えられています。
特徴は皮膚がはげしく荒れることです。皮膚が剥がれてしまう症状や、過剰な皮脂が酸化してイヤな臭いを発生させることもあります。

皮脂欠乏性皮膚炎は冬場のエアコンなど乾燥しやすい環境から起きてきます。皮膚の乾燥ダメージから湿疹が起きてきます。バリア機能の低下や炎症、湿疹、かゆみ、かぶれを引き起こして肌が乾燥肌や敏感肌の人に起きやすいです。

アレルギー性反応による頭皮湿疹では強いかゆみや、フケ、赤みなどの症状があります。その症状を繰り返して起こしやすくなります。
アレルギー物質が触れたり、体内に入ったりすることで抗体反応が起こり血液中にヒスタミンが放出されてかゆみや炎症などが起きてきます。
頭皮の皮膚炎の多くはバリア機能が低下してひどい乾燥状態になっている場合が多いです。そのため、細菌が入り込みやすくフケやかゆみをともないます。

頭皮にかさぶたが出来ていることに気がついてしまう

読了までの目安時間:約 3分

 

yjimageX4NA5DDZ
頭皮になにげなく手をやったときに、頭皮にかさぶたが出来ていることに気がついてしまう場合もあります。つい、爪でひっかくなどしてしまうと、新たなかさぶたもできてきて悪循環になってしまいがちです。
指先にひっかかるかさぶたはどのように対処したらよいのでしょうか?
頭皮に出来るかさぶたは脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)といってフケが目立ってきたり、かゆみをともなったり、皮膚が荒れてカサついたりしてきます。
皮脂が酸化することでニオイを発することもあります。
脂漏性湿疹の場合は、かさぶたの原因は多量に分泌された皮脂が正体です。頭皮は皮脂腺が多く、Tゾーンよりも皮脂が多く分泌されているところです。そのため、皮脂がメラセチア菌などの格好のエサとなって雑菌によって炎症を起こしたりします。
そのためにおいを発したり、フケを増やす原因となっています。
頭皮に皮脂が残ってしまうのは、シャンプーのときにしっかりと頭皮が洗えていないことも原因のひとつです。頭皮にへばりついた汚れをきちんと洗い流すことが大切です。
また、ヘアケア製品でも使っているシャンプーが合わない場合には、接触性皮膚炎が起きている場合があります。刺激性の少ないシャンプーに替えてみることも大切です。
頭皮にかさぶたが出来てしまっている場合に注意点が何点かあります。
①かさぶたを掻かないようにすることです。爪などで掻き壊さないようにすることです。

刺激の少ないシャンプーやリンスを正しく使うようにします。指先でマッサージするようにシャンプーするなど、こすりすぎないようにして洗います。

③脂性の人や頭皮にべた付きを感じる人は、脂っこい食べ物を控えるようにして皮膚の新陳代謝を促すようにします。そのため、ビタミンBやビタミンCなどを積極的に摂取するようにします。

④紫外線はできるだけ避けるようにしましょう。紫外線を浴び過ぎてしまうと皮脂が酸化されてしまいます。そのため炎症の原因となってしまうことも多いです。蒸れにくい環境をつくることがおすすめです。

頭皮ニキビとはいったいどのようなものでしょう?

読了までの目安時間:約 3分

 

頭皮ニキビとはいったいどのようなものなのでしょうか?
それは頭皮に大きなニキビのようなものが出来てしまっていることに気がつきます。

それは頭皮は顔の皮膚よりもニキビができやすい環境といっていいからなんです。頭皮は非常に皮脂腺が多く、毛穴にも皮脂がたまりやすくなっています。

毎日使っているシャンプーによっても、頭皮の乾燥を促したり、ニキビができやすい環境をつくっているということがあります。毛穴に皮脂をつまらせてニキビにしてしまっていることもあります。

yjimageH32UYMSV

頭皮ニキビに顔のアクネケア製品を使ってみてもなかなか改善しないことがわかります。それは頭皮の厚さが顔の皮膚よりも分厚く、アクネケアをしても成分が頭皮の奥まで届かないのが原因です。

頭皮ニキビとはまさに頭皮に出来るニキビのことです。メカニズムとしても顔にできるニキビと同様の原因が考えられています。

しかし、頭皮には毛穴が密集していて汗と脂と分泌しています。そのため毛穴には汚れがつまりやすいと考えられます。

頭皮では代謝で不要となった皮が脂と結合します。その皮脂が毛穴を防ぎ、そのためアクネ菌が増殖してニキビになります。

頭皮ニキビができる原因は、代謝が悪くなることからできる場合もあります。代謝が活発化する深夜にお酒を飲み過ぎたり、仕事をしすぎたりしていると代謝のサイクルも悪くなります。

頭皮ニキビはホルモンバランスが崩れても皮脂過剰を起こす場合があります。仕事や生活の中でストレスが多いとニキビの原因となってきます。過剰な皮脂分泌を防ぐには日常的にストレス解消をすることも大切です。

頭皮ニキビを治療するには、まずその原因をしっかり突き止める必要があります。とくに顔がよくべたつくなどの多い人は頭皮ニキビになりやすいといったことがあります。
頭皮ニキビは顔よりも分泌される皮脂量が多いということがあり、顔の皮脂量などにも気をつけておくとよいでしょう。

また、頭皮ニキビを治療する場合でも頭にはどうしても髪の毛があって軟膏やクリームは塗りにくといったことがあり、ローションタイプのものや、ゲルタイプの薬が使われることが多いです。

それらの薬には、抗生剤などのアクネ菌を除去するためのもので、内服薬や外用薬もあります。また、市販薬での抗生剤もあります。

内服薬ではルリッド錠やクラリス錠などが使用されます。外用薬ではダラシンTローション、アクアチムローションなどがあります。どちらも塗りやすい外用剤として多く用いられています。

また、角質を薄くするための薬でディフェリンゲルはニキビの出来にくい肌にする薬です。

どうして皮脂は多く分泌されてしまうのでしょうか?

読了までの目安時間:約 3分

 

頭の皮脂が気になるような場合、皮脂の分泌量が多くなっていることに気がつきます。しかし、どうして皮脂は多く分泌されてしまうのでしょうか?

それはまずひとつに、体内の中性脂肪など脂肪が多いことで体外に排出されることが原因です。脂肪のもととなる、脂質や糖質を多く摂取するために起きてきます。
皮脂の分泌量が増えて頭皮がべたつくようになってしまいます。

それは普段に摂取している食生活に問題があります。脂肪分が多いものばかりを食べていることで、脂肪が体内に蓄積されてしまうからです。甘いものばかり食べていても同じことがいえるので注意が必要です。

栄養的にも偏っているといわれる食生活をしている人は知らない間にも体にダメージを与えている場合があります。

yjimageYJ8OKA2I
コンビニ弁当やインスタント食品など、食品添加物や化学物質、有害物質などで身体に影響している場合もあります。その悪影響は頭皮のべたつきだけではなく、将来的には薄毛や抜け毛につながってしまう可能性があります。

頭皮がべたつく原因としては、頭皮が不衛生になっている場合もあります。体外に排出された皮脂がしっかりと取り除かれないためです。

洗髪回数が少ないと思っている人は毎日1回シャンプーするようにします。夜、洗髪をしないということでは、その日の汚れを落とさないままで寝ることになってしまいますので、シャワーのときにしっかりと汚れを落とすように気をつけます。

頭の皮脂がべたつきがあって気になる場合は、現代人に多い「運動不足」ということも考えられています。運動不足だと血行不良のために頭皮がべたついてくることがあります。

運動不足になると血行不良だけではなく、体の新陳代謝としても落ちるので、肌の老化サイクルも早くなってきてしまいます。そのため頭皮には栄養がいきわたらなくなってきますので、結果的に頭皮に皮脂が多くなってべたつく原因となります。

頭の皮脂がべたついてしまい、気になってくるときには、運動不足を解消してみると血行不良も改善されてきます。
身体を動かすことで、体温を上昇させて血管の拡張を図ることが目的です。

身体にも頭皮にも良い影響を与える有酸素運動、頭皮に滞留してしまった皮脂をやわらかくするサウナなど、汚れてしまった頭皮の汚れの除去や、硬化などを防止する効果があります。

体臭と頭皮の臭いの関係性

読了までの目安時間:約 3分

 

人にはそれぞれ「体臭」というものがあります。しかし、それは本当に「体臭」なのでしょうか?

もしかしたら、それは「頭皮の臭い」なのかもしれません。実は頭皮は思っていた以上に臭うことがあります。

頭皮の臭いが気になるときは、満員電車の中や人の多い場所でとても気になってしまうことがあります。これらの臭いは「体臭」が臭いのもとだと誰もが思いがちです。

頭皮の臭いのもとは「皮脂」と「毛穴の汚れ」から発生している臭いで、酸化した皮脂や汚れが臭っています。

頭皮はなぜ臭いやすいのかといいますと、それは毛穴の数も非常に多いことからその分皮脂の分泌量が多いからですね。

yjimage3RWQTWPN

余分な皮脂と汚れが原因で臭いが発生しています。シャンプーで毎日洗ってみても、余分な皮脂はきれいに除去できず、毛穴にたまってしまっている場合があります。

そのためそれが汚れとなって蓄積して酸化してしまいます。つまり頭皮から臭いを発生させないためには、毎日のシャンプーできちんと汚れを洗い流さなければいけません。

頭皮では、汚れを洗い流せないために食用油などが酸化してしまった状態になってしまいます。そのため不衛生になり雑菌が繁殖してしまっています。

それが臭いのもととなって、汗などをかくことでさらにイヤな臭いを発するようになります。

では、どのようにその臭いのもとを除去すればいいのかといますと、「適度に保湿すること」も必要になってきます。

あまりにも洗い過ぎてしまうと、こんどは乾燥肌になるので、逆効果として頭皮は余計に皮脂を分泌してしまう原因となります。

「適度に保湿する」これが簡単なようでなかなか難しいことでもあります。なかなか思ったように「きれいに洗って保湿する」これが今使っているシャンプーで可能でしょうか?

まずは、今使っているシャンプーをよく見直してみましょう。シャンプーにもいろいろな種類があってそれぞれ効果など特徴があります。

①石鹸系シャンプー
高級アルコール系シャンプー
③アミノ酸系シャンプー
石鹸系や石油系のものは洗浄力が強いです。頭皮の乾燥を招いてしまうので、皮脂の過剰分泌の原因にもなってしまいます。

アミノ酸系は適度に潤いを残しますので、頭皮の臭い対策にも有効だということです。

頭皮用ハーブの美容液・クリアハーブミスト

読了までの目安時間:約 4分

 

いくらシャンプーしても頭皮の臭いに悩まされている人がいるかもしれません。人によっては一日に2回シャンプーしたり、朝シャンへと切り替えたりすることも・・。
でも、他人に頭皮の臭いを指摘されるなど気になることも多いですね。

でも、どうしてなのでしょうか?夜は丁寧にマッサージするようにシャンプーしているのに、朝起きると頭皮が脂っぽくなってしまっています。そして昼頃になってくると臭くなってきてしまう・・。

yjimageG1Y61IBX

これでは毎日シャンプーしても、朝から何らかの菌がついてしまっているような気分にもなって、とても滅入ってくる人もいる感じです。

頭が臭くなる成分としてはノネナールという成分で、ノネナールは皮脂に含まれているヘキサデセン酸という脂肪酸の一種が分解されることで、発生するといいます。皮脂が皮脂腺から出て細菌で分解されるために起きる臭いなんですね。

きれいにシャンプーしたつもりでも、中にはシャンプーに含まれる油成分が頭皮に付着して残ることがあります。それが雑菌と混ざり雑菌が繁殖してしまうのも原因なのです。

また、匂いの原因として皮脂自体が酸化してしまうのも原因で、皮脂が酸化してしまうのは活性酸素が関わっているのも原因なのです。

女性でいえば、女性ホルモンの働きにも関係してきます。女性ホルモンは皮脂の分泌を抑える働きもありますが、女性ホルモンが減少することで、こんどは男性ホルモンが優位になってしまって、皮脂が増えてくるのも影響して臭くなる原因となっています。

ほかにも、普段の食生活では動物性たんぱく質や脂肪には悪臭の元になってしまうのもあります。インドール・スカトール・硫化水素など。悪臭予防には脂っこい食事は控えて、野菜や穀物などをしっかりと摂取するのがおすすめなんです。

ほかにも皮脂の分泌異常を起こす原因として「ストレス」があげられます。ストレスのない生活をするように心がけることが必要です。
そして重要なことは、「皮脂を抑えることで頭皮を健やかに活き返らせること」です。
それは「頭皮用ハーブの美容液・クリアハーブミスト」で女性の悩みに対応して使った方の満足感も92.8%なのです。

どんなにシャンプーを替えてみても臭っていた頭が一日中スッキリと気持ちいいままなんですね。
「クリアハーブミスト」は配合されている成分として、植物由来成分のローズマリーエキスや白ビワ、コケモモ・サトウキビ・カエデ・オレンジ・レモンといった5つの植物エキスを使用してあります。

「クリアハーブミスト」はローズマリーエキスは雑菌の繁殖を抑え、頭皮にうるおいと栄養をしっかりと与えます。白ビワは炎症を抑える働きがありますので、肌が敏感な方や吹き出物が出やすい方にもとても安心です。
マルチフルーツといわれる5つの美容成分は頭皮を整えて健康な頭皮に整えて、ニオイを出さない頭皮に導きます。

ほかにも頭皮にとても良い成分、桜葉エキスやオウバクエキス・クロレラエキスなどが配合されています。

シャンプーに入っている髪に悪い成分

読了までの目安時間:約 3分

 

シャンプーには避けた方がよい成分が入っている場合があります。それはラウリル硫酸Naやラウリル硫酸カリウムなど、ラウリルや硫酸がつく成分表示がしてある場合です。

yjimageZD85E6S3

この表示がしてあるものは、石油系界面活性剤が入っているので、この表示のものを避けるだけでも約90%の悪いシャンプーを避けることができます。

成分表示では、石油系のラウレス系といわれるラウレス硫酸Naや、ラウレス硫酸TEAなども界面活性剤が成分の上の方に表示されているものに注意が必要です。

これらの界面活性剤は、洗浄力がとても強いために頭皮や髪など必要な脂質まで取り過ぎてしまうのです。また、皮膚にも残り易く毛根などに影響を及ぼす可能性があるからです。

現代人の髪はパーマやヘアカラーなどの繰り返しで傷んでいる場合が多いので、キューティクルがはがされたり、ささくれたりしています。髪の内部の栄養が抜けやすくなっているので、洗浄力の強いシャンプーを使うことで髪の傷みがさらに激しくなってくる可能性があります。

そのためカラーの色あせが早くなったり、パーマのウェーブに影響が出るなど髪には悪いことばかりなのです。
なので、髪のためにはリンスよりはシャンプーに注意することが大切になってきます。

シャンプーに入っている成分は使用している成分を表示するように法律で義務づけられています。パッケージを見るとそのシャンプーが何からつくられているかがわかります。

また、配合されている成分は多く使われている順番に表示されています。たいていのシャンプーは水分が一番多くふくまれるので、水の次に表示されています。

シャンプーの良し悪しは含まれている界面活性剤でわかります。より多く使われているものをチェックしてみればわかります。シャンプーを選ぶ場合に参考になり、選ぶ基準となります。

洗浄成分以外にシャンプーに配合されている、栄養成分や保湿成分なども髪や頭皮によいものは、一般的に高価なものが多いです。

一般的には値段に比例することは多いですが、値段だけがすべてではなく、人それぞれに「合うもの」「合わないもの」があるので、成分表示などを目安に探してみることがおすすめです。

頭皮のかゆみと美容液について

読了までの目安時間:約 3分

 

頭皮のための美容液は、頭皮のかゆみなどをしっかりとケアしてくれる頭皮専門の美容液です。頭皮がかゆくてなかなか寝付けない人や、いつもフケが出てきて困ってしまう人、頭皮が赤くなってめくれてしまう人などのお悩みにおすすめです。
頭皮の悩みではかゆみなどのために24時間イライラとしっぱなしの人やフケがでたり、どうしても頭皮を掻きむしってしまう人などさまざまです。
実は頭皮のかゆみの原因というのは、「乾燥」と「炎症」だということがわかりました。頭皮は自分の目では見難い部分でもあってどういう状況になっているのかも確認しずらい点があります。

yjimageS290Z5QG
そのような人は日常的にもシャンプーをする場合もヘアケアのしかたなどに改善点が見られることが多いです。たとえば、頭皮が赤くなっている場合ではシャンプー後の髪と頭皮の乾かし方に問題があります。
ドライヤーなどによってガンガンと乾燥させてしまうと、頭皮までどんどんと乾燥がすすみ、ついには炎症が起きてしまうのです。
その頭皮の乾燥と炎症を抑えるためにもしっかりとした、保湿ケアが必要になってきます。顔の肌のように洗顔後にはローションやクリームをつけるのと同じようにケアしなくてはいけないのです。
顔は洗顔後にあわてて保湿のことを考えるということはあっても、頭皮は髪があるせいか水分がすぐには逃げないような気もしてきます。
しかし、頭皮のかゆみの原因は乾かしすぎることでの保湿不足にあるということですね。それで頭皮の地膚のためには、専用の美容液が登場したというわけです。
頭皮の環境は美容液といってもローションタイプが好まれます。頭皮のかゆみ専用のローションというものはこれまでにはあまりなかったということもあって、育毛剤を使っていた人たちが刺激成分の育毛剤成分でかゆみには逆効果ということもあったらしいいです。
配合されているのは「炎症を抑える」「潤いを与える」「雑菌を防ぐ」などを配慮してつくってあります。炎症の原因となる、カビや菌の増殖を抑える成分や保湿成分としてヒアルロン酸やコラーゲン、アロエエキスなどを使用してあったり、天然成分で肌への刺激も少なくつくってあるそうです。
ローションタイプの頭皮美容液などを使うことで、乾燥を防ぎ、ターンオーバーなどもうまくいくようになって、トラブル肌が改善されてきます。保湿以外にも炎症を抑えたり、菌の増殖を防いでくれますので頭皮がいつも快適な環境になっていきます。