頭皮の臭い対策におすすめな美容液!

シャンプーに入っている髪に悪い成分

読了までの目安時間:約 3分

 

シャンプーには避けた方がよい成分が入っている場合があります。それはラウリル硫酸Naやラウリル硫酸カリウムなど、ラウリルや硫酸がつく成分表示がしてある場合です。

yjimageZD85E6S3

この表示がしてあるものは、石油系界面活性剤が入っているので、この表示のものを避けるだけでも約90%の悪いシャンプーを避けることができます。

成分表示では、石油系のラウレス系といわれるラウレス硫酸Naや、ラウレス硫酸TEAなども界面活性剤が成分の上の方に表示されているものに注意が必要です。

これらの界面活性剤は、洗浄力がとても強いために頭皮や髪など必要な脂質まで取り過ぎてしまうのです。また、皮膚にも残り易く毛根などに影響を及ぼす可能性があるからです。

現代人の髪はパーマやヘアカラーなどの繰り返しで傷んでいる場合が多いので、キューティクルがはがされたり、ささくれたりしています。髪の内部の栄養が抜けやすくなっているので、洗浄力の強いシャンプーを使うことで髪の傷みがさらに激しくなってくる可能性があります。

そのためカラーの色あせが早くなったり、パーマのウェーブに影響が出るなど髪には悪いことばかりなのです。
なので、髪のためにはリンスよりはシャンプーに注意することが大切になってきます。

シャンプーに入っている成分は使用している成分を表示するように法律で義務づけられています。パッケージを見るとそのシャンプーが何からつくられているかがわかります。

また、配合されている成分は多く使われている順番に表示されています。たいていのシャンプーは水分が一番多くふくまれるので、水の次に表示されています。

シャンプーの良し悪しは含まれている界面活性剤でわかります。より多く使われているものをチェックしてみればわかります。シャンプーを選ぶ場合に参考になり、選ぶ基準となります。

洗浄成分以外にシャンプーに配合されている、栄養成分や保湿成分なども髪や頭皮によいものは、一般的に高価なものが多いです。

一般的には値段に比例することは多いですが、値段だけがすべてではなく、人それぞれに「合うもの」「合わないもの」があるので、成分表示などを目安に探してみることがおすすめです。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: