頭皮の臭い対策におすすめな美容液!

頭皮が臭い原因は?

読了までの目安時間:約 3分

 

頭皮は本来適切な量の「皮脂」という薄い油の膜で覆われています。しかし、念入りにシャンプーし過ぎたりさまざまな要因で皮脂が少なくなってしまう場合があります。

yjimage(10)
そのため、頭皮をゴミやほこりなどから守ることができなくなってしまうのです。紫外線が直接頭皮に影響したり干からびてしまうといったような環境になります。
水分が少なくなってくることで、頭皮は傷つきやすくなってしまいます。そのためフケやかゆみ、炎症などさまざまなトラブルに見舞われることが多いです。
逆に頭皮のダメージを軽減しようと思ってみても、皮脂が大量に分泌されてしまうこともあります。頭皮ガベタベタとなってしまって悪循環になってしまいます。
頭皮がダメージを受けることで臭くなってしまう原因、それはシャンプーのしすぎやドライヤーなどのかけ過ぎによるものが主な原因だといわれています。シャンプーをしすぎることで皮脂が全部洗い流されてしまいますので、身体は一生懸命頭皮を守るために過剰に皮脂を分泌してしまうのも原因です。夕方には皮脂が多くなりすぎて臭いが発生してきます。
頭皮が臭くなってくる原因としては以上のようなものが考えられます。

【頭皮の異常事態?】

皮脂が異常に分泌され続けることで、頭皮には2つの異常事態が待ち受けています。

それは、

①皮脂の酸化によるノネオールが大量発生してしまう

②皮脂腺が肥大してしまうのが原因

ノネナールは皮脂に含まれている脂肪酸が菌によって分解され、発生するにおい物質のことです。
わかりやすく言うとそれは「加齢臭」のことで、最近は20代前半や30代の若い女性でも「加齢臭」は増えてきています。
若い女性は通常は新陳代謝が活発で頭皮があまり臭うことはありません。しかし、皮脂が大量に分泌しすぎると臭いをまき散らす原因にもなります。
また、皮脂が大量に分泌され続けることで、皮脂腺は大きく肥大してきてしまいます。一度肥大してしまうと、皮脂はだだ漏れ状態で皮脂量もコントロールできなくなります。皮脂腺をもとの大きさに戻すには、皮脂量を少しづつコントロールしていくしかないのです。

頭皮の臭いを予防するためには、日頃から頭皮のケアに気をつけなければいけません。例えばシャンプーは軽く洗い流す程度にしてゴリゴリと洗う必要はありません。また、洗う場合も頭皮を中心に洗うのではなく、髪の毛を中心に洗うようにすると頭皮も傷みません。
あくまでも頭皮は軽く洗うことと髪の毛についた汚れやニオイをとるためのシャンプーをするということが大切になってきます。
シャンプーの回数としても一日に1回入浴のときにして、それ以上のシャンプーは皮脂は皮脂が余分に洗い流されてしまう可能性があります。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: