頭皮の臭い対策におすすめな美容液!

頭皮のかゆみの悩みは誰でも経験したことが

読了までの目安時間:約 4分

 

頭皮のかゆみの悩みは誰でも経験したことがあるかもしれません。頭皮は常に外の刺激には敏感になっている場合が多いのです。

yjimage(4)
毎日シャンプーはしていても、頭皮を触ると何か小さい発疹がある場合があります。これらは頭皮湿疹と呼んでいてかゆみをともなっています。
頭皮湿疹とは頭皮の皮膚の病気で、本人は気がついてない場合が多いです。ストレスの多い時代になって頭皮湿疹では悩む人も多くなっています。

頭皮湿疹は頭皮のかゆみのほかに現れる症状があります。

それは

①小さい湿疹ができる
②頭皮が赤く炎症を起こす
③吹き出物やニキビができる
④皮膚の乾燥がひどい
⑤フケがとまらない
⑥アレルギー性の症状
⑦脂っぽくすぐに髪がべたついてくる

以上のような症状が現れます。このような症状を放置しておくと、雑菌が繁殖してきたり、皮脂と皮膚のバリア機能が弱まる場合があります。そのため毛根が萎縮して抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

頭皮湿疹の症状にはいくつかあります。その原因は3つあって
接触性皮膚炎だった場合
①接触性皮膚炎で頭皮に小さな湿疹や炎症を起こしている場合です。原因としては科学物質に触れることでアレルギーを起こしていることです。

②シャンプーのすすぎ残しやトリートメントのすすぎが足りないで頭皮に付着したままの場合など日頃のシャンプーケアによるものです。

③シャンプーで皮脂が詰まったり、洗いすぎて皮脂分泌が盛んになりすぎているのが原因、普段の食生活やストレスも起因しています。

脂漏性湿疹の場合は頭皮だけではなく顔にもできる皮膚炎です。特徴としては髪の生えきわにできてベタつきなどを感じます。同時に炎症とフケが発生する症状です。
または、頭皮だけでなく皮脂の分泌の盛んな鼻の周辺や口の周りにも起きてくる場合があります。

脂漏性湿疹はマラセチアという真菌(カビ)が増殖するときによる分泌物により炎症を起こすと考えられています。
特徴は皮膚がはげしく荒れることです。皮膚が剥がれてしまう症状や、過剰な皮脂が酸化してイヤな臭いを発生させることもあります。

皮脂欠乏性皮膚炎は冬場のエアコンなど乾燥しやすい環境から起きてきます。皮膚の乾燥ダメージから湿疹が起きてきます。バリア機能の低下や炎症、湿疹、かゆみ、かぶれを引き起こして肌が乾燥肌や敏感肌の人に起きやすいです。

アレルギー性反応による頭皮湿疹では強いかゆみや、フケ、赤みなどの症状があります。その症状を繰り返して起こしやすくなります。
アレルギー物質が触れたり、体内に入ったりすることで抗体反応が起こり血液中にヒスタミンが放出されてかゆみや炎症などが起きてきます。
頭皮の皮膚炎の多くはバリア機能が低下してひどい乾燥状態になっている場合が多いです。そのため、細菌が入り込みやすくフケやかゆみをともないます。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: