頭皮の臭い対策におすすめな美容液!

頭皮ニキビとはいったいどのようなものでしょう?

読了までの目安時間:約 3分

 

頭皮ニキビとはいったいどのようなものなのでしょうか?
それは頭皮に大きなニキビのようなものが出来てしまっていることに気がつきます。

それは頭皮は顔の皮膚よりもニキビができやすい環境といっていいからなんです。頭皮は非常に皮脂腺が多く、毛穴にも皮脂がたまりやすくなっています。

毎日使っているシャンプーによっても、頭皮の乾燥を促したり、ニキビができやすい環境をつくっているということがあります。毛穴に皮脂をつまらせてニキビにしてしまっていることもあります。

yjimageH32UYMSV

頭皮ニキビに顔のアクネケア製品を使ってみてもなかなか改善しないことがわかります。それは頭皮の厚さが顔の皮膚よりも分厚く、アクネケアをしても成分が頭皮の奥まで届かないのが原因です。

頭皮ニキビとはまさに頭皮に出来るニキビのことです。メカニズムとしても顔にできるニキビと同様の原因が考えられています。

しかし、頭皮には毛穴が密集していて汗と脂と分泌しています。そのため毛穴には汚れがつまりやすいと考えられます。

頭皮では代謝で不要となった皮が脂と結合します。その皮脂が毛穴を防ぎ、そのためアクネ菌が増殖してニキビになります。

頭皮ニキビができる原因は、代謝が悪くなることからできる場合もあります。代謝が活発化する深夜にお酒を飲み過ぎたり、仕事をしすぎたりしていると代謝のサイクルも悪くなります。

頭皮ニキビはホルモンバランスが崩れても皮脂過剰を起こす場合があります。仕事や生活の中でストレスが多いとニキビの原因となってきます。過剰な皮脂分泌を防ぐには日常的にストレス解消をすることも大切です。

頭皮ニキビを治療するには、まずその原因をしっかり突き止める必要があります。とくに顔がよくべたつくなどの多い人は頭皮ニキビになりやすいといったことがあります。
頭皮ニキビは顔よりも分泌される皮脂量が多いということがあり、顔の皮脂量などにも気をつけておくとよいでしょう。

また、頭皮ニキビを治療する場合でも頭にはどうしても髪の毛があって軟膏やクリームは塗りにくといったことがあり、ローションタイプのものや、ゲルタイプの薬が使われることが多いです。

それらの薬には、抗生剤などのアクネ菌を除去するためのもので、内服薬や外用薬もあります。また、市販薬での抗生剤もあります。

内服薬ではルリッド錠やクラリス錠などが使用されます。外用薬ではダラシンTローション、アクアチムローションなどがあります。どちらも塗りやすい外用剤として多く用いられています。

また、角質を薄くするための薬でディフェリンゲルはニキビの出来にくい肌にする薬です。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: