頭皮の臭い対策におすすめな美容液!

頭皮とターンオーバー・ストレス

読了までの目安時間:約 3分

 

頭皮にもターンオーバーがあってお肌が生まれ変わっています。このターンオーバーがないと表皮の入れ替わりがうまくいかず、傷なども治りづらくなってしまいがちです。
脂漏性湿疹は、皮脂が頭皮にかさぶたができるまでの要因がかさなってできるものです。臭いの発生源となったりするのでターンオーバーがうまくいかない場合には問題があります。

yjimageDZ9RCAZV
ターンオーバーがうまくいかないと、頭皮に皮脂などが多く残ってしまうことになります。それが頭皮の肌トラブルとつながってしまう場合があります。
頭皮のターンオーバーの改善には、ビタミンを効率よく摂取することも必要です。ビタミンAなどを多く含む食材などを積極的に摂取することが必要になります。ビタミンAは緑黄色野菜やレバーなどに多く含まれます。また、鶏ささみやマグロなどに多く含まれるビタミンB6、果物や芋類に多く含まれるビタミンCなどを多く摂取するようにします。
頭皮など肌の健康でも普段の食生活でしっかりと栄養を考えることが大切です。
また、頭皮に脂漏性湿疹などのトラブルを抱えている場合、身体のバランスや心のバランスを崩していることも多いです。ストレスと頭皮のバランスは関係しあっています。なので、ストレスとうまく付き合うことを考えなくてはいけませんそれにはまず、ストレスの原因が何かを特定できるようにしておくことが大切です。そうすることで「どのように対処していけばいいのか」がわかってくるようです。
その原因が解決できるのであれば解決へ向かって頑張っていけばいいし、反対に遠ざけることがよければ遠ざけるように努力してみるのもおすすめです。
また、ストレスは発散することで解消していける場合もあります。買い物をしたり、カラオケで歌ってみたり、運動をしてみたり、映画やCDを聴くのもいいでしょう。つまり、「自分自身のために何かやってみる」これもストレス解消法のひとつではないでしょうか?
栄養面でも、日常的な食生活でうまく摂取できない場合、サプリメントでストレスケアをする場合もあります。ストレス発散の方法としては手軽に利用できるものがいいのではないでしょうか?ストレスは精神的なものがありますので、できれば天然成分を使っているものが望ましいです。

頭皮神経痛について

読了までの目安時間:約 3分

 

yjimageE5KU4KO8頭皮がピリピリとする後頭部が痛い症状は頭皮神経痛です。場合によっては一瞬電気が走るような痛みが出る時があります。
いつもの頭痛とは違う痛みでそれは「頭皮神経痛」といわれるものかはしれません。
でも、どうして頭皮神経痛になってしまうのでしょうか?
頭皮神経痛は頭頂部や後頭部が痛い場合が多いです。「これは頭痛かな?」と思っていると、全体的には痛みがあるようだけれど、どうも頭頂部や後頭部だけに痛みが集中しているみたいなのです。
偏頭痛でもない場合には、どうやら頭皮が神経痛になってしまっている場合があります。頭皮神経痛の場合には、とても痛みがあって、それが原因で頭皮や髪に悪い影響を与える場合があります。それは抜け毛につながったり、薄毛につながったりしてしまうことがあるのです。
頭皮神経痛の症状には

①頭頂部の痛み
後頭部のズキズキとした痛み
③耳の後ろの痛み
④ブラシを使うだけで痛みがある
⑤頭を洗っているだけで痛みがある

以上のような症状が多く見られる症状です。しかし、このような痛みはずっと継続的に続くのではなく、断片的に現れたり、髪をセットしているときや、洗髪しているときだけに起きることが多いのです。しかも、痛みがないときでも頭皮が痺れているような感覚もあったりします。
「原因としてはいったい何なのだろう」誰もがそう思ってしまいます。それは実は後頭部に頭部神経といった大きな神経が2つあることで、そこが何らかの影響を受けてしまっている場合です。
その原因となっているものが

①過労
②ストレス
騒音
④姿勢が悪いこと
⑤季節の変わり目

などの原因があるからだそうです。

ストレスが関係していて筋肉が硬直している場合、神経を圧迫している場合、血液の流れが悪くなっている場合、必要な栄養は不足している場合など、体の働きが悪くなっている場合が大きいです。
または、肩こりや眼精疲労などでも引き起こされるのが頭皮神経痛ではないかともいわれています。言い換えると「肩こりで抜け毛が増えてきてしまう」「目の疲れから抜け毛が増えてきてしまう」といってもいいような感じです。
そして、日常的に食事などから起こしている場合だって考えられてきます。
頭皮神経痛を改善していくには、食事などからストレスをまず改善してみることが必要になってきます。ストレス対策に良い食べ物とは

①カルシウムやマグネシウムが含まれているもの
ビタミンCを摂取できるもの
③パントテン酸を摂取できるもの

というように食べものからストレス対策をしてみることも大切です。

頭皮 ヘアカラーでしみる場合

読了までの目安時間:約 3分

 

頭皮がヘアカラーなどでしみる場合があります。ヘアカラーの薬剤は以外と協力な倍があります。頭皮がデリケートな方はしっかりケアしないと痛みに変わってきたりすると大変です。
ヘアカラーがしみる原因には3つのことがあります。

①ヘアカラーの薬剤が強力な場合
ヘアカラー剤が自分に合わない
③頭皮が傷ついている場合がある

以上のようなことが考えられます。

 

yjimageLUVS4XYK

まず、ヘアカラーはジアミンという化学染料が入っていてアレルギーなどを引き起こす場合がります。そのため意外と地肌にダメージを与えてしまうこともあります。このジアミンはけっこう多くのヘアカラーに使われています。また、自分に合ったヘアカラーを選んでいない場合、ヘアカラーのタイプなどによっても刺激が変わってくるのではないでしょうか?
そのうえ頭皮が傷ついていた場合などがあれば、それはしみても不思議ではありません。頭皮ニキビやかさぶた、炎症している場合には頭皮の状態は良いとはいえません。そのような場合には、ヘアカラーは避ける方が賢明です。
通常ヘアカラーをする前には、シャンプーなどは頭皮の皮脂をとるので、あまりおすすめではありません。シャンプーの前日2、3日前くらいから髪を洗わないようにするのがベストです。そうすることで、ヘアカラーなどの薬剤から皮脂もある程度肌を守ってくれます。
でも、どうしてもシャンプーが必要だと思っている人はぬすめのお湯ですすいだり、洗浄力の弱いシャンプーを使うのもいいかもしれません。
もし、美容院でヘアカラーがしみる場合があれば、店員さんにすぐにその旨を伝えたほうが安全です。しみることを伝えたら、すぐに洗い流すなど対処してくれるはずです。頭皮だけではなくどこかに異常がある場合にはすぐに伝えることが必要です。店員さんの方も伝えないとわからない場合が多いですので・・。
また、ヘアカラーを美容院などでする場合、自分の頭皮の具合や体調のことを見計らって染めてもらうようにしましょう。
体調が悪いけれど我慢して・・というのは、あとでイヤな思いをすることも多いです。
また、自宅で自分でヘアカラーする場合、染料など薬剤もいろいろと選べて選択範囲も広くなってきます。「もしかしてしみるのでは・・」と思うこともあって、染める場合には数ミリ浮かせて染めてみることもできます。地肌につかないように染めていきますが、自分で染める場合には少し難しく思えるみたいです。
ヘアケアなどでしみないようにするには、日頃から頭皮ケアをしっかりとやっておくことが必要です。

頭皮の乾燥について

読了までの目安時間:約 3分

 

これは誰もが感じたことがあるかもしれないです。シャンプーによっては頭皮が乾燥してしまうことを。でもどうして頭皮は乾燥してしまうのでしょうか?
それはシャンプーが自分に合わなかったからなんでしょうか?それとも・・。
頭皮の乾燥には、外部的な要因と内部的な要因とにわかれている場合があります。紫外線や乾燥した空気など外部環境に影響によっておきる場合と、地肌が抱えている内部的な要因によるものがあるということです。
「頭皮が乾燥している」と慌てず、まずはどのような乾燥の原因があるのかを掴むことが大切になってきます。

yjimageQN4E7PCZ
また、それに合わせて対策をきちんと行うことです。シャンプーを変えてみたり、地肌ケアをしてみたりといろいろなケア方法があります。
頭皮には地肌の乾燥を招きやすい地肌環境がある場合があります。それは大きな要因として「皮脂」「常在菌」「肌質」などの関係性です。これらの3つのバランスが崩れてしまうと、地肌はターンオーバーが早まることで、地肌は乾燥しやすくなってきます。
自宅でケアする場合、「皮脂の分泌」と「肌質」はなかなか変えられないところはありますが、「常在菌」に働きかけることで、地肌ケア用シャンプーを選んでみることもおすすめです。
頭皮のターンオーバーが早くなる原因としては、地肌の常在菌(マラセチア菌)の異常繁殖が見られる場合があります。この常在菌に刺激を受けた地肌はバリア機能が著しく低下しています。潤いが失われる状態にもなって、更に乾燥が進んでいく状態となります。
ターンオーバーが乱れている場合は、地肌にピリピリ感やムズムズ感が、かゆみやフケなどが目立ってきます。それはターンオーバーに原因があります。
もし、頭皮に乾燥を感じたらどうしたらよいのでしょうか?シャンプーで替えられるものなのでしょうか?
まず、シャンプーは1日1回までとして、シャンプーもぬるま湯で洗うようにすることです。乾燥した環境をなるため避けるようにして、地肌への刺激を与えることがないようにします。
シャンプーする場合も、頭皮に爪をたてないように注意することが必要です。バリア機能が低下しているので、頭皮には負担をかけないようにします。
使うシャンプーの種類としても洗浄力の大きいものは避けるようにすることや、熱いお湯など刺激を与えないようにします。
もし、フケなどが出ている場合、できれば地肌ケア用のシャンプーを使うことがおすすめです。

頭皮のおすすめケアと間違ったケア

読了までの目安時間:約 3分

 

生き生きと若々しい髪の毛は、頭皮ケアをしっかりすることで何歳も若く見せてくれる場合があります。頭皮をしっかりとケアすることで、頭皮だけではなく体全体の健康にも効果があることがわかってきました。
髪の悩みでも薄毛や抜け毛などがある場合、頭皮ケアが解決の糸口にもなっているみたいです。
頭皮ケアを考える場合、頭皮の細胞について考えてみることがあります。
毎日、細胞分裂が繰り返されることで新しい細胞へと移り変わっていきます。しかし、加齢とともに細胞の生まれ変わりも遅くなってきます。
それは血流が関係していて加齢とともに細胞に栄養が運ばれにくくなってしまうためです。その結果薄毛になりやすくなります。再び細胞が元気になるようにしてあげると頭皮も髪ももとの元気を取り戻せます。
頭皮のケアで大切なことは、頭皮についた汗や脂などの汚れをよく洗い流すことです。しかし、「洗い流し過ぎてはダメ」なのです。頭皮でも適度な頭皮の洗い方というのがあって、頭皮を清潔に保つには正しいシャンプーのしかたやマッサージなどがあります。
そのどちらの方も毎日習慣にすることで、健康な頭皮を保つことができます。
だいたいの人たちが毎日行っているシャンプー。シャンプーは頭皮の洗浄のほかにもマッサージなどでよい血流を頭に届けることができます。すすぎなども十分に頭皮を洗えるようにして、シャワーが地肌に届くように洗っていきます。注意する点としてはシャンプーが残って肌を傷つけないようにすることです。
すすぎ残しがないようにしたら、トリートメントをつけて毛先から髪全体につけるようにします。そして大切なことは、「必ず乾かしてから寝ること」を忘れないようにすることです。
反対に抜け毛などを増やしてしまう「間違った頭皮ケア」というのがあります。それは頭皮マッサージでも頭皮をやわらかくするために、間違ったマッサージ方法をしている場合があります。すると間違ったマッサージのために頭皮が傷ついたり、血管が傷ついたりすることもあります。それでは抜け毛を増やしてしまうなど、間違ったケアをしていることになります。

yjimageRRD5RZRV
頭皮マッサージではやってはいけない方法とやりかたとがあります。それは

・ブラシや器具を使うこと
・爪を立てること
・力を入れ過ぎること
長時間のマッサージ
・呼吸を止めておこなう

以上が頭皮マッサージではやってはいけないことで、もし、ブラシや器具を使った場合、使い慣れていないと頭皮を傷つけてしまう場合があるからです。
ほかの場合も、やはり頭皮を傷つけてはいけないことからという意味があります。
場合によっては、力の入れ具合で頭皮の毛細血管が切れてしまうことも考えられるからです。

頭皮と髪の基礎知識

読了までの目安時間:約 3分

 

毎日しっかりシャンプーしているつもりでも、「いつのまにか頭皮にできものができてしまった」、「トリートメントをしていても髪にはコシやツヤがあまりない」といったことを感じがちな人は、知らず知らずのうちに行っている行動が頭皮に負担をかけています。
頭皮のトラブルは自分でも気がつきにくい部分にあります。ヘアケアをしていてもブラッシングで刺激を感じてしまう人は、まず頭皮に問題がある場合が多いです。
また、髪にツヤがなくパサつくといったことがあれば、それは頭皮を指で押して確認してみることも必要です。
頭皮は健康な場合、押してみることでふんわりと弾力を感じます。しかし、硬い感触のある頭皮は充分に健康な頭皮だとはいえません。
当然、硬い頭皮の上で育った髪は元気のない髪となってしまうことが多いです。
また、毎日のブラッシングに注意してみると、どのようなブラシを使っているか、または、ブラッシングの方法というようなことに気がつきます。

yjimageZ5XVQ46C
ブラッシングは髪の毛のほつれを整えたり、ほこりやゴミを落とすように使います。または、頭皮にマッサージ効果を与えることで、血行を促進させるためのものです。
使い方によっては力を入れ過ぎたり、同じ部分だけを何往復もすることで頭皮を傷つける原因にもなってしまいます。
また、無意志に頭皮をペンの先などでひっかく癖のある方がいます。頭皮に傷がつくことでバイ菌が入ってしまう可能性もあります。
頭皮をひっかく癖がある場合、頭皮にかゆみがあるか、乾燥している場合が多いです。頭皮の乾燥を防ぐケアをしてあげることが大切になってきます。
頭皮にはカラーリングやパーマ、ブリーチなどは刺激になってとても良くないとわかっている人は多いです。女性にとってからリングやパーマは刺激があるとわかっていても
身だしなみのひとつとして必要なことかもしれません。出来ればカラーリングやパーマは美容院でやってもらうようにすることがおすすめです。
保護クリームなどを塗るなり、じっかりとケアしてからだとヘアカラーやパーマの持ちも随分と違ってきます。頻繁に行う必要がないので頭皮の負担を少しでも軽減できるようになります。
シャンプーが自分の肌の体質に合っているかどうかも頭皮のケアには大切なことです。乾燥肌、脂性肌などでシャンプーを使い分けることで頭皮を傷めることも少なくなってきます。

頭皮の血行促進法

読了までの目安時間:約 3分

 

頭皮の血行促進法には、食事によるものやマッサージ、ブラッシングなどさまざまあります。血行促進を意識した栄養素を摂取することで髪にも栄養が行きわたるようになります。
血行促進に効果のある栄養素としてはビタミンEですが、ビタミンEには血液をサラサラにする効果が期待できます。血液がサラサラと流れることで栄養素をより運びやすくしてくれます。一日に必要な目安摂取量として男性は8~9㎎、女性は8㎎となっています。
ビタミンEを多く含む食材として、アーモンド・キウイ・ウナギ・かぼちゃ・いわし・さんま・玄米・さつまいも・ブルーベリー・プルーンなどがあります。
また、血管を丈夫にして血行の流れをよくするには、ビタミンンPを多く摂るようにします。ビタミンPは柑橘類の皮に多く含まれています。ビタミンCといっしょに摂るようにすることで効果が高まるといわれています。
必要な摂取量は一日あたり60~120mgで、ビタミンCを50㎎摂った場合にはビタミンPは100㎎摂るといったバランスがおすすめです。
食事でも脂っこい食べ物や暴飲暴食といった食事では血管にコレステロールが溜まりやすいです。血行不良につながってしまう危険性があります。ごはんやパンなどの主食、副菜としての野菜類、主菜としての魚や肉類、卵などや乳製品などはバランスよく食事で摂るようにします。
頭皮の血行を促進するためにはマッサージや運動によって全身の血流をよくする必要があります。いきなり激しい運動には無理がありますので、日常的にできるだけ歩くようにすることがおすすめです。
また、足の筋肉を鍛えることはとても必要です。全身の血行をよくするためにはスクワットなどをして足の筋肉を鍛えます。
マッサージでは頭頂部にある「百会(ひゃくえ)といった頭にあるツボを刺激することが抜け毛やストレス緩和、頭痛や肩こりなどに効果的です。
血行促進のためのマッサージのやり方は指で円を描きながら適度な力で指圧することです。1か所を20秒ほどで少しずつずらすようにしてマッサージします。頭皮に血行不良が起こっていると頭皮が硬くなっているように感じます。マッサージしていくうちにも柔らかくなってきて血行が良好になっていきます。
ブラッシングによるマッサージも血行促進のためにとても有効です。毛母細胞を活性化させることで育毛を促す働きがあります。ブラッシングによるマッサージでは豚の毛やイノシシの毛などでつくられて天然素材のブラシを使用することが大切です。
プラスチックや金属のブラシであると、髪への摩擦が大きいために頭皮に負担をかけてしまうことが多いです。

yjimage4OU50CDG
毛先についても先の尖っているようなものではなく先が丸いものを選ぶようにします。目のあらいブラシの方がブラッシングのマッサージにはおすすめです。

頭皮環境をすこやかに

読了までの目安時間:約 3分

 

頭皮環境をすこやかに保つためには、日頃から頭皮を健康に保つポイントがあります。頭皮が健康であると髪も健康で薄毛やパサつきなどの髪のトラブルも少なくなってきます。
髪にトラブルが多い場合には、ひとつは髪の洗いすぎにも原因があります。シャンプーの回数としても一日おきくらいにすると皮脂のバランスのためにも健康な状態を保てます。大切なことはシャンプー剤を使いすぎないことです。毎日シャンプーしたいのであればお湯だけ使うこともおすすめです。

yjimageKRXR8QF6
また、いま人気のアミノ酸シャンプーは刺激も少なく髪にも優しいシャンプーです。シャンプー剤やリンスが地肌に残らないようによく洗い流すようにしましょう。
頭皮の環境をよくするためには、ヘッドスパやエステに行くと快適なマッサージを施術してもらえますが、自宅でバスタイムを利用してのマッサージも新陳代謝が促され、頭皮のターンオーバーに役だちます。
自宅でのマッサージはいつも使っているクレンジングを用いることも可能です。オイルが皮脂と中和することで毛穴の汚れを浮き出すことができます。マッサージする時間としては2分くらいで十分です。
クレンジングオイルで顔のメイクや皮脂汚れを落とすように、頭皮もクレンジングすることを習慣とするようにします。オイルはシャンプーよりも毛穴に入り込みやすく、高い洗浄効果も期待できます。
クレンジング剤は500円玉くらい使い、なるたけ髪よりも頭皮につけます。指圧するようにマッサージして毛根を刺激してクレンジング剤が行き渡るようにします。
まずはお湯でしっかりと流してから、あとは普通にシャンプーやリンスをします。頭皮クレンジングの頻度としては週に1~2回程度がおすすめです。
頭皮クレンジングには専用のオイルも市販されています。エステやヘッドスパ専門店で購入することもできます。
頭皮クレンジングは一度試してみると、髪も元気になってくるし、すぐに効果が実感できるようです。人によってはクレンジング剤やオイルが合わないこともあり、注意が必要です。
ほかにも、美しい頭皮を髪を保つためには、睡眠不足になって頭皮の細胞や毛母細胞の修復を邪魔しないようにしましょう。
睡眠不足になってしまうと身体や精神的にも悪影響を及ぼすことも多いです。そのため髪にまで影響してくるので新な細胞がつくれなくなってしまう場合があります。
望ましい睡眠時間ではリラックスできる夜11時頃から就寝して6時から7時頃に目覚めのが理想的です。眠たいのに眠れないといった人は身体が緊張している状態にあります。就寝前30分は身体をリラックスさせることが必要で、音楽を聴いたりアロマなどもおすすめです。

白髪の予防・改善には頭皮の血行不良を改善

読了までの目安時間:約 3分

 

人によって多少の違いはあるとしても35歳くらいから白髪は増えまじめるといわれています。その後は毎年白髪が増えていき、50代半ばで全体の半分以上が白髪になっている場合もあります。

yjimageBM6DOI3P
70歳までにもなると全体的に白髪になる人は多いです。とくに女性の場合、更年期が落ち着いた頃には白髪の増殖がはやまる場合が多いです。
一度白髪として生えてきた髪はいくらケアしてもあとから黒くなることはありません。しかし、白髪になってしまっても、また黒い髪が生えてくる可能性があります。
白髪が生えてくるのは、色素のメラニンが不足するからです。メラニンを合成するのがメラノサイトという細胞で、毛根の下部に位置しています。メラノサイトは頭皮から栄養を受け取ることで正常に働くことができます。
しかし、いくら十分な栄養を摂っていても血行が悪くなってくると、メラノサイトには栄養が行き渡らなくなります。そのため、メラニンを作る酵素のシロチナーゼの働きが鈍くなってしまいます。白髪の予防・改善には頭皮の血行不良を改善して血流をよくすることが大切です。
白髪への効果的なケアとは

①新陳代謝をよくすること
②潤いを与える
酸化を防ぐ
④血行を促進する

この4つが大切になってきます。栄養補給のほかに血行促進効果のある頭皮マッサージがとても重要なポイントになってきます。

頭皮マッサージで嬉しい点としては、1日1分頭皮マッサージをしただけでも十分な効果を得られるということです。
お風呂に入ったときでも、仕事の休憩中、またはテレビを見ながらでもどこでもできるのがメリットなんです。
頭皮もツボをしっかりと抑えることは大切ですが、自分が気持ちいいと思う方法で、毎日マッサージを心がけると健康な髪を取り戻せます。
白髪が気になってしまう人は、無理に白髪を抜いてしまう場合があります。そのようなときには毛穴周辺の皮膚や毛細血管などを傷つけている場合もあります。毛嚢炎や頭皮の炎症を起こすこともあって注意が必要です。
白髪が生える原因のひとつは加齢によるものですが、加齢以外にも白髪を増やす原因があります。それはストレスによるもので、「白髪が急に増えてしまった」という経験をしている人も少なくありません。
加齢とともに白髪が増えることはしかたのないことですが、白髪をケアすることで抑えることができればとても理想的です。原因や対策などを知ることで白髪ケアも苦手なことでもなくなってきます。

頭皮マッサージと生活習慣

読了までの目安時間:約 4分

 

頭皮マッサージをする場合、マッサージに効果的な育毛のツボをよく知ることです。基本的にマッサージに使うのは小指以外の8本の指です。
小指を使ってしまうと、どうしても頭皮に爪で傷つけやすい角度になってしまうことが多いです。頭皮を傷つけないように優しく下から上に持ち上げるようにマッサージすることです。

yjimage3YM1LKEI
頭皮のツボには育毛効果のあるツボがあります。
それは

百会(ひゃくえ)~抜毛予防や血行促進、ストレス緩和、頭痛の緩和や不眠の改善に役立つポイントです。
場所的には頭頂部の中心にあるツボで、健康のツボとして有名です。百会のツボの探し方としては、両耳からまっすぐ頭頂部にかけてなぞった部分と、眉まから頭頂部に向けた線が交差するところ。両手の中指を重ねるようにして、ゆっくりと押し込むようにマッサージしてみます。
②角孫(かくそん)~角孫は耳のすぐ上にある生え際のくぼんだ位置にあるツボです。頭痛や血行促進・抜け毛予防・目や耳の病気にも効果的です。
③天中(てんちゅう)~百会と同じで万能ツボです。うなじの生え際でくぼんだ位置を見つけてみます。うなじに向かって外に向かうと太い筋肉があります。その外側が天中(てんちゅう)で、手の平で包み込むようにしてマッサージします。
④風池(ふうち)~血行促進や頭痛緩和、天中からさらに外側に指1本分のところにあります。天中とおなじく親指で押し込むようにしてマッサージします。
⑤あ門(あもん)~あ門は首のコリや血行促進に効果があります。後頭部の下、うなじの生え際から少しさがって中央のくぼんだあたり。頭を後ろに傾けることで探しやすくなります。あ門・天中・風池は位置的にすぐそばにあって、少しずつ指を左右にずらしてマッサージしていきます。
⑥玉沈(ぎょくちん)~玉沈は血行促進、鼻ずまりなどに効果があります。後頭部の真ん中、盛り上がったところから左右に指2本分の位置にあります。
頭皮ケアには、マッサージのほかに食生活の改善など日常的に見直す部分がたくさんあります。食事では偏食を避けて髪や頭皮に良い成分を摂るようにします。毎日摂る食事でも、長い間栄養不足が積み重なってしまうと頭皮にも影響してくることが考えられます。
生活習慣でも「百害あって一理なし」とよく言われるタバコの害では、不健康になるのは目にも見えているし、お金はかかる、歯も黄色くなって見た目にも悪い、まわりに迷惑をかけるなど何もよいところはありません。もちろん頭皮にもよい影響があるわけでもなく、ニコチンが血管を収縮して血行を悪くしてしまいます。
そのため毛根に栄養を運ぶ血液の流れも悪くなって髪の毛も育たなくなってしまいます。頭皮でも男性の気にしているはげの原因の男性ホルモンが増えてくるし、デメリットが多過ぎます。
充分な睡眠は頭皮にも悪いわけはありません。なぜなら「寝ている間にも髪はつくられている」からです。そのように髪の成長する時間が遮られてしまうと頭皮や髪の成長には悪影響を及ぼしてしまいます。
質のよい睡眠を心がけるようにして、睡眠時間もじゅうぶんに摂ることが必要です。
頭皮の健康ケアでも「ストレスの解消」はとても必要なこととされています。神経のバランスが乱れてきて自律神経が乱れてくると血行不良になりますので、当然頭皮や髪にも影響が出てきます。
「ストレスは溜めない事」をいつも心に思い浮かべることが大切です適度に発散してストレスによる抜け毛を予防しましょう。